失業者1/Jobless worker1

 

 

job1-1

 

 

 sleeping on a street

=Japan

 

路上で眠る男性 

=日本 

 

 

 

 

 

job1-2

 

 

Sleeping in the rain

=Japan

 

雨の中路上で眠る失業者 

=大阪

 

 

 

 

 

job1-3

 

 

”Please don't steal my bed”

=Japan

 

「盗らないでください」

=日本  

 

 

 

 

 

job1-4

 

 

Homeless woman smoking

=Japan

 

たばこを吸う路上生活の女性

=日本

 

 

 

 

 

job1-6

 

 

Homeless man

=Japan

 

テントのなか、たたずむ男性

=日本

 

 

 

 

 

job1-7

 

 

Smoking in a tent

=Japan

 

自作テントのなか、たばこを吸う男性 

=日本 

 

 

 

 

 

job1-8

 

 

on the street

=Japan

 

合成酒を飲む九州出身の男性、荷造りを始めた男性、

読書する男性・・・

=日本

 

 

 

 

 

job1-9

 

 

getting in line for soup-run

=Japan

 

炊き出しに並ぶ路上生活者

=日本

 

 

 

 

 

job1-10

 

 

Picking up waste cans which makes

only 0.5$/hour

=Japan

 

時給50円にも達しない空き缶拾い

日本

 

 

 

 

 

job1-11

 

 

Man and dog

=Japan

 

犬に食べ物をあげる野宿男性

=日本

 

 

 

 

 

job1-12 

 

TBarricade which drives homeless people out

 of the space=Japan

 

雨をしのぐ貴重な高架下にもバリケード

が張られる

=日本

 

 

 

 

 

job1-13

 

 

CWatering device on the wall which

drives out homeless people sleeping

=Japan

 

路上生活者らが壁沿いの路上で眠らないよう

水撒き用のパイプが設置されている 

=日本

 

 

 

 

 

job1-14

 

 

Big stones which drive out people sleeping

=Japan

 

路上生活者が眠りにくいよう石が

並べられている

=日本

 

 

 

 

 

 

job1-15

 

 

Living on the road

=Japan

 

いつ追い出されるか分からない高架下 

=日本  

 

 

 

 

 

 

 

 

job1-16

 

 

man falling over

=Japan

 

倒れこんだ男性

=日本

 

 

 

 

 

job1-17

 

 

Charnel house for homeless people

=Japan

 

無縁仏。路上で亡くなった身寄りのない

路上生活者の遺骨が納められた納骨堂 

=日本  

 

三万人規模の野宿者が日本にいる。その数は昨今の大不況でさらに膨らんでいる。厚生労働省の調査でも、野宿にいたった原因は「仕事が減った」(3割)、「倒産・失業」(3割)、「病気・けが・高齢で仕事ができなくなった」(2割)。

野宿者は世間から「好きでやっているのだろう」「本気で仕事を探せば見つかる」などと批判されることがあるが、「怠け者」などという個人の資質ではなく、個人では動かしがたい経済環境の厳しさが主原因ともいえる(働く野宿者の姿は近い将来掲載予定)。

大阪市内だけでも一万人が路上生活をしている。うち、毎年二百人もの野宿者が飢えや寒さ、病気などにより路上で亡くなっている。

 

 

 

Top Page

 

Photo Reportage

 

  

News

Link

Contact / Comment

 

 

All photos are copyrighted by Yasuhiro Kunimori.